山口さん専用トレーニングツール

吸気発声

新しいトレーニングでして、今後のレッスンで扱っていきます。

息を吸いながら裏声を出していきます。

お忙しいとは思いますが、時間があるときに何度も繰り返し取り組んでみてくださいね。

参考音源

 

注意点

仮声帯が入ってきて、声にバリバリ感が出てこないように十分注意してください。

特に練習して間もない頃は、思っている以上にガッツリ息を吸うことを

お勧めします。

 

練習回数:2セット

 

 ピュアファルセット(純粋な裏声)

「フ」で発声。息漏れたっぷりな裏声です。

声に芯が入ったり、力強さが出ると失敗なので注意が必要です。

 

【見本音源:ピュアファルセット】

 

【練習音源】

注意点

2〜3秒で息が切れることを確認します

(2〜3秒以上ロングトーンができる場合地声が混ざっているのでNGです)

 

練習回数

3セット

 

後ろ下(地声)

「お」で発声 ボビーオロゴンのような太くてこもった声が正解。

うなじ方向に向かって発声します。

 

【見本音源:後ろ下(地声)】

 

注意点

山口さんの場合、中音域(特にC4付近)から急激に喉が上がり出す癖があるので、

その音域付近からは特に喉を下に引き下げる意識を持ってください。

 

練習回数

3セット

 

前下(地声)

「はっは」と発声。声色の特徴としては、”爽やかな深みのある声”

例)歌のお兄さん、ミュージカル俳優、アナウンサーetc

見本音源:前下(地声)

 

 

前下(地声)G4まで

見本音源:前下(地声/G4まで)

 

注意点

こちらも後ろ下同様、中音域(C4付近)から喉が上がる癖があるので、

より喉を引き下げる意識を強く持つことに注意してください。

 

練習回数

3セット

 

前下「イ」

新しいトレーニングです。「イ」で前下に喉を下げていきます。

見本音源:前下「イ」

 

注意点

前歯が全部見えるほどにしっかり口を横に開きましょう。そうすることで、より前下(胸骨甲状筋)に負荷をかけることができます。

逆に「ウ」っぽく「イ」と発声するのは、喉が下がりやすくなるため負荷がかかりづらくNGです。汗

 

練習回数

5セット

 

後ろ下(裏声)

「ひょ」で発声。地声ボビーの裏声版。

うなじ方向に声を当てる意識を持つのがポイントです。

見本音源:後ろ下(裏声)

 

練習音源

 

注意点

高音になるにつれて、口の形が「あ」に開いていく癖があるので、

なるべく口の形をキープする意識を持ってください。

鏡で自分の口を見ながら練習したり、動画を撮ってみると自分を客観的に見ることができるので、おすすめです。

 

練習回数

5セット

 

後ろ上(裏声)

「や」で発声。ミッキーマウスの声そのもの。

軟口蓋もしくは後頭部を意識して発声するのがコツです。

 

見本音源:後ろ上(裏声)

 

練習音源

 

注意点

後ろ下と違って、極端な太さ(ボビー感)はないですが、

かといって、前上のペラペラした響きではないことに最大限の注意を払ってください。

 

練習回数

7セット

 

低音の裏声「ほ」

「ほ」で低音域まで裏声を下降。

あくまでも裏声なので、地声の体感にならないように注意してください。

 

見本音源:低音の裏声

 

注意点

ノイズが混じったり、声が地声にひっくり返らない程度の

低音域まで下げていきます。

 

練習回数

3セット

 

低音の裏声

見本音源:低音の裏声

 

練習回数:3セット

 

Mum

新しいトレーニングです。ミックスボイスを習得するエクササイズです。

見本音源:Mum

 

注意点

イメージとしては声を鼻にかけるような感じで、明るい声を出していきます。

(声帯が薄くなり、ミックスの状態に近づきやすくなります)

 

逆に、喉を前下に下げようとして深い声を作るとこのトレーニングのおいては

ミックスボイスから遠ざかることが多いので注意してくださいね。

 

練習回数

3セット

 

小声で地声

小声地声「あ」で柔らかく発声します。

見本音源:小声で地声

 

注意点

“裏声に繋ぐ”という意識ではなく、あくまでも薄い地声の意識で練習するのがポイントです。

また、息もれNGです。

仮声帯の介入(バリバリ感)NGです。”息漏れのない柔らかい声”でお願いします。

 

練習回数:2セット

 

 GA(今はやらない)

「ガッガ」と力強く地声を出していきます。

見本音源:GA

注意点

「ガッガ!」と発声するときに、一回一回息を止めることです。

ここで息が漏れると、このトレーニングの意味がなくなってしまうどころか、

逆効果になり、発声が悪化しますのでご注意ください。汗

 

声量は大きめ。仮声帯入ってOKです。(バリバリ感あってOK)

 

サイレンボイス(仮声帯の分離)

見本音源:サイレンボイス

 

注意点

高音になっても声量を抑えることに注意してください(全力を10とすると3ぐらい)

また、高音になると口角が下がってしまう癖があるので、上げたままキープを意識しましょう!

息漏れ厳禁です!

息もれる=声帯開く→仮声帯が声帯の仕事を補おうと、介入してくるという理由からです。

 

練習回数:5セット