加藤さん専用トレーニングメニュー

ピュアファルセット(純粋な裏声)

「フ」で発声。息漏れたっぷりな裏声です。

声に芯が入ったり、力強さが出ると失敗なので注意が必要です。

 

【見本音源:ピュアファルセット】

 

【練習音源】

注意点

2〜3秒で息が切れることを確認します

(2〜3秒以上ロングトーンができる場合地声が混ざっているのでNGです)

 

mum 後ろ上

【見本音源:mum後ろ上】

注意点

前下を引いて深い音色になったり、前上に引きすぎてただのキモ鼻声にならないように注意してください…!

 

後ろ下(地声)

「お」で発声 ボビーオロゴンのような太くてこもった声が正解。

うなじ方向に向かって発声します。

 

【見本音源:後ろ下(地声)】

 

注意点

加藤さんの場合、中音域(特にC4付近)から急激に喉が上がり出す癖があるので、

その音域付近からは特に喉を下に引き下げる意識を持ってください。

 

前下(地声)

「はっは」と発声。声色の特徴としては、”爽やかな深みのある声”

例)歌のお兄さん、ミュージカル俳優、アナウンサーetc

見本音源:前下(地声)

 

前下(地声)G4まで

見本音源:前下(地声/G4まで)

 

注意点

こちらも後ろ下同様、中音域(C4付近)から喉が上がる癖があるので、

より喉を引き下げる意識を強く持つことに注意してください。

 

前下 G4以上

 

注意点

A4以上で声が明るくなるのは仕方ないのですが、それでも喉を前下に引っ張る意識は強く持つことだけは

忘れないようにしましょう!

 

後ろ下(裏声)

「ひょ」で発声。地声ボビーの裏声版。

うなじ方向に声を当てる意識を持つのがポイントです。

 

見本音源:後ろ下(裏声)

 

練習音源

 

注意点

 

高音になるにつれて、口の形が「あ」に開いていく癖があるので、

なるべく口の形をキープする意識を持ってください。

 

鏡で自分の口を見ながら練習したり、

動画を撮ってみると自分を客観的に見ることができるので、おすすめです。

 

後ろ上(裏声)

「や」で発声。ミッキーマウスの声そのもの。

軟口蓋もしくは後頭部を意識して発声するのがコツです。

 

見本音源:後ろ上(裏声)

 

練習音源

 

注意点

後ろ下と違って、極端な太さ(ボビー感)はないですが、

かといって、前上のペラペラした響きではないことに最大限の注意を払ってください。

 

後ろ上の裏声(超高音)

後頭部(もしくは軟口蓋)に一点集中して、裏声を出します。

見本音源

 

注意点

このくらいの音域になってくると「確実に」前上は介入してきます。

 

だからそれに関しては何も気にしなくて大丈夫です。汚いキンキンした声になっても大丈夫です。

それよりも何よりも確実に音を当てにいくこと。

 

これを最優先事項にしてもらえたらと思います。

 

後ろ上「ヒ」(地声)

小声の地声で「ヒ」と発声します。

見本音源

 

注意点

喉が前上に上がっていけないように注意してください。

 

前上に上がると仮声帯がバリバリと介入してくるので、自己判断はできると思いますが、

念の為注意です。。

 

また、前下が働きすぎてもNGです。

その場合声に深みが出てくるので、それで判断をお願いします。

 

前下「イ」

 

「イ」で前下に喉を下げていきます。

見本音源:前下「イ」

 

注意点(超重要)

 

高音になるにつれて、「イ」が「ウ」に近づかないように注意しましょう!

これは僕自身が、めちゃくちゃやらかしてしまっていた失敗なんですが。。汗

 

何度練習を繰り返しても、気づいたら口の形が「う」になってしまってました。

それぐらい意識しないと「う」になります。。ホントに。

 

「ウ」は喉が下がりやすい母音なので、練習する意味がなくなります。

ぜひ注意してくださいね。

 

低音の裏声「ほ」

「ほ」で低音域まで裏声を下降。

あくまでも裏声なので、地声の体感にならないように注意してください。

見本音源:低音の裏声

 

注意点

ノイズが混じったり、声が地声にひっくり返らない程度の

低音域まで下げていくことに注意してください。

 

小声で地声

小声地声「あ」で柔らかく発声します。

見本音源:小声で地声

 

注意点

“裏声に繋ぐ”という意識ではなく、あくまでも薄い地声の意識で練習するのがポイントです。

また、息もれNGです。

 

仮声帯の介入(バリバリ感)NGです。

“息漏れのない柔らかい声”でお願いします。