Hiccup Master Acaemy

〜ヒーカップを習得し、”感動させる歌声”を手に入れる〜

 

こんにちは、ボイストレーナーの金子です。

 

 

知られざるヒーカップの威力

そんな歌唱力を限界突破していった彼らですが、なぜそこまで人の心を揺さぶることができるのか?

と思うかもしれません。

 

才能があったから?

センス?素質?

 

いいえ。全部違います。

彼らには、全員が全員共通して持っているあるスキルがあるのです。

これがあったから、彼らは圧倒的な表現力を身につけて

心揺さぶる歌声を手に入れられたのです。

 

そう。そのスキルこそがヒーカップなのです。

 

おさらいですがヒーカップ唱法とは、

声を一瞬だけひっくり返らせるテクニックですが、

これを習得すると、感情伝わるエモーショナルな歌声になるんですよね。

 

数えきれないほどのプロシンガーがヒーカップを意図的に取り入れています。

 

ただ、こういう話をすると必ず

「自分には難しそうです。。」

「センスが必要なんじゃないですか?」

 

など、センスや才能が必要論を持ち出されてしまうのですが、

ヒーカップの習得にセンスなんか1mmも必要ないですよ。笑

 

多くの人が頑張っていても習得できないのは、

シンプルに、正しい知識を知らないからです。

ホントにそれだけです。

 

実際、僕も最初はいくら練習してもヒーカップのヒの字も分からなかったのですが、

練習方法を知ってからは、

「え?こんな簡単でいいの?」となりましたもん。w

 

もちろん、努力は必要ですけどね。

 

でも正解の道筋が分かりきっていたので

たいして苦労することなく習得できた、というのが本音です。

伝わる歌。伝わらない歌。

ヒーカップで歌うシンガーを見ていると、

 

ヒーカップでほんの一瞬だけ声を裏返すことで、

若干「泣いている」ように聴こえさせることができるんですよね。

 

だから、ヒーカップを適切に取り入れると

強く人の感情を揺さぶってしまうのです。

 

だからこそ、

ジーンと心に響くものがあるし、ときには自然と涙が溢れるてくる

感動的な歌を歌うこともできます。

 

あなたの歌をもっと聴きたい。何度でも聴きたい。

そう思わせることができるわけです。

 

逆にヒーカップがないと爆発する感情を表現するのはかなり

難しくなります。

 

そして感情を「表現」できないから

どんなに心を込めて歌っても、その思いが伝わらなくなるわけですね。

 

自分の感情や想いが伝わらない歌って、すごい寂しいと思いませんか?

 

だって誰も自分の歌声に耳を傾けてくれないわけですよ。

ひとりぼっちで壁に向かって歌うようなもんじゃないですか。

 

そんなの僕ならごめんです。絶対嫌です。

 

いいですか。

結局歌というのは、

伝わらなければ歌ってないのと同じなんですね。

 

どんなに心を込めて歌おうと、それを表現する手段がないと

誰も見向きもしないつまらない歌になってしまうのです。

 

僕はこのことをもっと早く知っておけばよかったと後悔したからこそ、

こうしてお話ししています。

ヒーカップを習得する2ステップ

ここでヒーカップを習得する方法を解説します。

本当に、ざっくり説明すると、下記の2ステップです。

 

1. 地声と裏声を(究極的に)分離する

2.(正しい)ヒーカップの練習をする

 

これだけです。

ここで問題なのは、多くの人が

いきなりステップ2のヒーカップの練習だけをやってしまうことです。

 

本来、ヒーカップに必要なのは

地声と裏声が本当の意味で、分けられるようになっていること、

そしてそれらの地声と裏声を極限まで自由自在に操れることなのです。

 

極端な話、地声と裏声を究極まで極めれば

ヒーカップの練習なんかほとんどしなくても

ヒーカップはできるようになります。

 

これ、僕や僕の周りの人間とってはわりと当たり前のことなのですが、

一般的にはあまり知られていないみたいです。

 

だからこそ、ヒーカップの練習ばかりやってしまう人がどんどん増えていて、

彼らは、何年経ってもヒーカップを習得できていません。

 

必死に、地声と裏声を行き来してみたり、

地声から裏声にひっくり返したり。

 

昔の僕と同じような小手先の練習に躍らせれてしまっているので、

いつまで経ってもヒーカップを習得できないでいるのです。

 

それどころかヒーカップばっかり練習すると、

悪癖がつきますからね。

しょっちゅう音程と音程の間をオカマみたいに入る

 

その一方で、僕の周りの人間は

みんな地声と裏声の分離を極めることに集中するので、

あっという間に美しいヒーカップを習得していきます。

 

こんなの不公平極まりないのですが、

しょうがないです。

いつも言っていますが、ボイトレは知識ゲーです。知っているか知らないか、でしかないのです。

参加者の声

59名の方に参加いただきました。感想を

 

口コミ

東京都:山田 花子(20歳・女性)
このエリアに口コミ本文を記入します。


東京都:山田 花子(20歳・女性)
このエリアに口コミ本文を記入します。

 

口コミ

東京都:山田 花子(20歳・女性)
このエリアに口コミ本文を記入します。


東京都:山田 花子(20歳・女性)
このエリアに口コミ本文を記入します。

 

講座の詳細

レッスン期間:通常コースと同じ

(詳細は講師にお尋ねください)

レッスン料金(30分):30,000円

 

最後に

 

ボイストレーナー/ボーカルトレーナー 金子太登